美しいロマンと夢(4):太陽の女人ーー大愛の為に。第一章:運命(誕生~)



  1. **ご報告の自伝として、美しい世界のリーダー様に、MerryWorldのロマンと夢と使命と決心決意を、10章の系列に分けて、丁寧に、そして真摯にご報告いたしたく存じます***

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

おん  な

太 陽 の 女 人

~大愛の為に~

金紅実

 

 

 

 

 

 

目 録

 

はじめに

 詩:(一)太陽の女人

(二)美しい人生

 言:私のロマン、私の夢、大愛の為に。

 

幸運の文学少女

第一章:運命 (誕生~)

第二章:自覚 (10代~)

 

夢見る東洋の花

第三章:覚醒 (20代~)

第四章:挑戦 (30代~)

 

ロマンの太陽の女人

第五章:覚悟 (40代~)

第六章:美しい人間革命(只今~)

 

美しい世界リーダー

第七章:世界リーダーの基準

第八章:共に、一つの美しい世界――大愛の世界“MerryWorld美麗世界を!

 

共に、人生を美寿に(みことに)

第九章:永遠なる情熱の青春劇場!

(美しき150歳まで!)

第十章:後世代に、美しい人生のモデルを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸運の文学少女

第一章:運命 (誕生~)

 

 

 

 

 

 

 

運命、我が現代史一族。

 

第二次世界大戦の終わりごろの1940年代初め、

20歳の父は、朝鮮半島の最南端(今の韓国の釜山地域)から大長征を経て、

中国東北の吉林(北朝鮮との隣近地域)にたどり着きました。

 

同じく1940年代初め、

16歳の母も、実の姉に連れられ朝鮮半島の最南端(今の韓国の珍島)から、同じく中国東北の吉林にたどり着きました。

 

そして1944年、22歳の父と18歳の母は家族になり、

中国の吉林で我が現代史一族――コリアン系の中国人家族、金氏家門が誕生しました。そして、1949年の新中国の成立により、正式に中国国籍を取得し中国国民と成りました。

 

それから父と母は、中国の先進共産党員として、

地方の優秀リーダーとして、一生を、中国の建設と発展の為に捧げました。

 

 

 

          ロゴマークの処が、地球上の我がルーツ

 

 

 

 

 

 

私、金紅実の天時・地利・人和

 

 

 

天時:世界を驚かせた中国の激動激変の時代

 

世界を驚かせた仰天の中国文化大革命が勃発した翌年、

19671月、年始早々に私は生まれました。

9歳の時の1976年に、この閉鎖的で破壊的な激しい革命は幕を閉じましたが、

この、盲目の崇拝と批判闘争が氾濫する歪んだ文化時代を傍観したからこそ、

思春期、青春期に迎えられた百花繚乱の文化時代、開放時代の大事さと有難さが分かります。この両時代の経験は、後に、私の世界観(人類文化・人類愛の哲学)の形成に、深い影響を与えたに違いありません。

1972929日、日中国交正常化。当時5歳)

 

 

 

地利:世界一が、三つ重なった地域

四季鮮明で、自然美しく豊かな故郷――吉林は、

世界一が三つ重なった途轍もない地域です。

世界一人口の広大な中国の東北部に所在し、

世界一広い国土の大らかなロシア(当時、ソ連)を東側に、

世界一情熱文化の朝鮮半島を南側に、隣接しています。

 

常に、世界一に慣れている故に

心が大らかに、気持ちが安らかに、楽観的に居られることです。

(欠点は、常に抱負が勝手に途轍もなく大きくなりがち。)